毎日使う場所であるトイレやお風呂場は、京都でも水漏れが起きやすく修理を業者へ依頼することも多いです。ウォシュレット内部から漏れているときは、汚れやつまり、部品劣化などで本体から水が漏れてきたり、ノズル部分から垂れてきたりします。普段の掃除をあまりしないと汚れた溜まりやすくなり、長く使っていると経年劣化で部品が壊れやすいです。ウォシュレット内部で起きたときは自分では点検も出来ないため、専門業者へ依頼することになります。

貯水タンク内には内部にゴム玉があってそれをチェーンとレバーで繋いでますが、レバーへチェーンが引っかかると水が止まらなくなります。チェーンの動作が悪い時や長すぎるとレバーが絡まることもあるので、ゴム玉が下りてこないで漏れが起きているときは、チェーンの長さを短くするかまたは、正しく動作するように調整をします。京都ではお風呂場も水漏れが起きて修理することは珍しくなく、浴室の蛇口から水が少しずつ垂れてきたり、水を止めても少量の水が染み出してくることは多いです。蛇口の寿命は10年から15年ぐらいと言われていて、部品劣化で漏れがおきますし水栓も消耗品です。

この場合は部品を新しいものへと交換して対処をします。同じく蛇口から水を止めてもぽたぽたと堕ちてくるときは、お風呂場は水分が多いので水滴などが蛇口へ伝わって垂れることもありますが、部品や蛇口、水道管の劣化で漏れることもあります。それほど深刻でないときは本体の中にあるパッキンなどの部品交換で改善しますが、経年劣化が酷いときは蛇口本体を交換したほうがいいです。付け根から赤さびが垂れているときは給水管交換工事も必要です。

難しいときには京都の水漏れ修理の専門業者に依頼したほうが安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です