健康に留意した生活を送ろうとする人は、食品添加物や遺伝子操作の食品の摂取をしないよう注意するだけでなく、飲み水にも気を配っています。トリハロメタンやテトラクロロエチレンなどの有害物質が飲料水に含まれていないかどうか、住んでいる地域で供給されている上水道の浄化状況に信頼を置くことができるのか調べたりする人もいます。自分だけでなく家族にも安全な水を飲ませたいとの要望も強く持っています。家庭に供給される水道水は通常、河川や湖や地下水から取水しますが、水質汚濁防止法による排水規制や下水道整備により、取水される水は汚染が非常に少ないものの、飲料水として適切かどうか疑問視する考えも存在します。

飲用や調理で使う水をすべてミネラルウォーターにすることは金銭的に難しいので、浄水器を導入することになります。方式としては主に、据え置きタイプと蛇口直結タイプがあります。据え置きタイプは、シンク下部に浄化ユニットが設置され、見た目は通常の流しと変わらないことが評判です。シンク下の給水管が浄水器に繋がっているので、フィルターの交換は流しの下で行います。

これに対して蛇口直結タイプは、流し上の水栓に接続するので浄水器本体がむき出しになっています。取り付けも楽であり安価であるので評判です。どちらのタイプもフィルターカートリッジを定期的に交換する必要があります。交換の頻度は浄水器の容量によって異なります。

頻度が少ないほうが評判ですが、交換しない期間が長いので内部の汚れが心配だと感じる人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です