豊中でもトイレトラブルは多く発生していますが、中でも多いのがつまりです。使用後に水を流そうとして、流れずに焦った経験を持つ人は多いのではないでしょうか。このときに、慌てて流そうとさらにレバーをひねると汚水があふれ出す可能性もあるので気をつけたいところです。トイレは使えなくなると大変不便ですが、場合によっては何もせずに自然に直ることもあります。

自然に直ることが期待できるつまりの原因は、まずはトイレットペーパー、排せつ物、水で流せるタイプのお掃除シートなどがあげられます。トイレットペーパーや水で流せるシートなどは時間とともに水に溶けて、小さくなります。数時間程度放置することで自然に解消できることもありますが、その間は使用することはできません。より早く改善するのであればラバーカップを使う、お湯や洗剤を便器に入れるなどがあげられます。

お湯は熱湯だと便器が割れる原因になるのでお湯の温度には注意が必要です。ラバーカップも和式用と洋式用があるので間違いのないように購入しましょう。豊中ではトイレつまりも、自力で解決できている例が多いので落ち着いて行動しましょう。とはいえ、水に溶けない固形物を詰まらせてしまった場合は、それを取り出す作業も必要です。

便器を取り外しての作業が必要になることもあり、そうなると個人で対応するのは困難です。難しい作業が必要な場合は、業者に依頼するほうが安心です。豊中の水道業者は様々なつまりの症例に対応していますが、作業内容によって料金も大きく変わってきます。本格的な工事になる場合は、費用や支払い方法もきちんと確認してから作業を進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です