豊中には庭や駐車スペースに、水栓柱や散水栓を設置している家庭もあることでしょう。これらは庭の手入れや愛車を洗車する際に欠かせない、重要な水道設備です。しかし屋外という環境下では、何かと水とトラブルが発生しやすいことでも知られます。例えば水漏れもその1つ。

ハンドルを閉めても蛇口からポタポタと水が漏れ続ける、水を使用するたびに蛇口とは無関係な箇所からも水がチョロチョロと流れる、あるいはなぜか周囲が水で湿っている等、豊中でも様々なケースがこれまで報告されています。いずれにしても速やかに修理することが肝心。単に余計な水道代を浪費するだけでなく、地中の正常な水道管や排水管にまでダメージを拡大したり、漏れ出した水で隣近所の土地を削るなど、様々なトラブルを招くことがあるからです。まず水漏れの原因としては、パーツ類の経年劣化が考えられます。

特に屋外では直射日光や風雨にさらされたり、地中に埋設された状態になるので、水栓柱や散水栓にサビや腐食などが発生して、水漏れが発生しやすいと言えます。具体的には水栓内部のコマの摩耗、蛇口の接続パッキンの亀裂やナットの腐食などが挙げられます。修理ではパーツの交換が基本。パーツそのものは一般のホームセンターや通販でも手に入りますが、蛇口の分解や組み立てになると、素人の方では難しいケースも生じます。

少しでも自分では難しいと感じたら無理せずに、豊中で信頼できるプロの水道修理会社へ連絡すべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です